Top
<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
1年が経ちました
先月11月23日。
コタがお空に旅立って1年が経ちました。

1年が経ってコタへの想いがとてもとても深くなっています。
毎日、目覚めても、キッチンに立っても、車を運転していても
コタのことばかり考えてコタに話しかけています。
自分でも呆れるくらいにね。

1年が過ぎて
1年前は...とつらいことを思い出すことがなくなったことに
少し穏やかな気持ちになっています。
スマホの写真もつらい時期のものはサーーーッとスクロールして見ません。
そのかわり昔の写真を見ることが多くなりました。

*************************************

最近、私の気持ちを大きく変える出来事がありました。

先日、インスタの呼びかけで某動物指導センターでタオルが不足していることを知り
送ろうと思いサイトを見ていたのですが。
そこで殺処分された犬たちのさいごの姿の画像を目にしました。
炭酸ガスを吸い、数十分の間苦しんで亡くなっていったであろう子たちが
折り重なって倒れている姿にとても衝撃を受けました。
涙があふれてあふれてしかたありませんでした。
(その画像はHPのものではありません。ネットサーフィンしている間にたどりついたものです)
殺処分という話はよく耳にしますが、
私の住む宮城県では犬の殺処分がゼロということもあり
どこか他人事のように思っていた気がします。
まだこんなにたくさんの動物たちが……
それを目のあたりにしたのは初めてで
言葉に言い表せないショックを受けました。
人間の勝手でセンターに運ばれ命を奪われた動物たち...
さいごまで自分の生を全うできなかった子たち...
こうして書いていても涙が止まらなくなります。

私はこれまでコタのことで後悔し続けて泣く日が多かったけれど
さいごまでコタの命を全うさせてあげられたことは
とても幸せなことだと思い直しました。

これはこれまで誰にも言えなかったことですが
火葬したコタの頭の骨の左側が茶色く変色していました。
病気はやはり脳に転移していたのかもしれません。
そして、あの時あっけなく病院で旅立ってしまったのは
私に安楽死という最悪の選択肢をさせまいとした
コタのさいごの親孝行だったのかもしれません。
そんなふうに思います。
(もちろん、骨の変色と病気の因果関係はわかりません)

そんなことがあって
私の気持ちが「かなしみ」から「さみしさ」に変わりつつあります。
写真を見ると手が届きそうなのに撫でてあげられないさみしさ
いつも外を眺めていた定位置にコタの姿がないさみしさ
ピンポンが鳴ってもワンワンの声が聞こえてこないさみしさ
あげたらきりがないですね。

でもね、コタちゃん。
母ちゃんは少しずつ少しずつ元気になってるからね。
いつか虹の橋のたもとで会おうね。
その時はスルーしちゃいやよ。
f0168361_17360351.jpg


[PR]
Top▲ | by kota365 | 2017-12-09 18:19 | コタさん | Comments(2)
| ページトップ |