Top
コタさんの初七日
まだ7日、もう7日…

いつもコタが使っていたベッドの場所に祭壇を作りました。キッチンから良く見えるその場所は、そこにベッドがあったらきっと思い出してしまうから、泣いてしまうから。
f0168361_09402036.jpg


コタ、たくさんのお花に囲まれているね。
みなさんの想いがとってもうれしいです。

まだ遺影が出来上がっていません。
雪の中で転がってるこの写真は、前にプリントしたものがあったのでとりあえず。でもすごくコタらしいの。
初七日まではできれば家にいたくて。
コタをひとりにしたくなくて。
遺影の写真はカメラやさんでちゃんとプリントしてもらいたいから、もう少しだけ待ってね。

[PR]
Top▲ | by kota365 | 2016-11-29 09:34 | Comments(8)
Commented at 2016-11-29 18:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by コナンママ at 2016-11-29 19:58 x
私はもう?だな。
今でもさく姉さんが、コタさんが雪まみれの写真アップしてくれそうな気がします。
コナンは私のわがままで初七日過ぎてお空に登ったので
まだまだ受け入れらないさく姉さんの気持ちがよーくわかります。

コタさんは皆さんがいうように
最高の犬生だったと確信してます。断言できます!!
だから今は毎日笑顔で話しかけてあげてね。
きっとコタさんは聞いてるからね
でも・・・ビールの頭乗せ見せられないのは
残念だなぁ~って言ってると思うけどね(^_-)
コタさんはママの笑顔が大好きだよ♪
そしてこじゅう君の中に隠れてるんじゃないかな(^m^)
Commented by kota365 at 2016-11-29 20:59
ハリママちゃん♪
それぞれだよね…
悲しいことを思い出させてしまってごめんね。
いつまでも泣いていいんだよ。
そうじゃないと心が壊れるからね。
悲しみが癒えるにはもっともっと時間が必要なんだから…
だから悲しみにどっぷり浸かりたい時はそうしないとね。
Commented by るなわんわん at 2016-11-29 21:05 x
たくさんのお花に囲まれて コタさんがいかに皆さんに愛されていたかの証ですね。
コタさんママも 応援してくださるお友達がたくさんおられて心強いですね。

コタさん 四十九日法要まではそのままお家にいますから。
たくさん話しかけてあげてくださいね。
きっと小首を傾げて聴いてくれていますよ。

私は四十九日まで毎晩『AIRルナ』を膝の上に抱えて話しかけながら撫でていました。まるで本当にルナが膝の上にいるみたいに。
そうでもしないと やってられませんものね(苦笑)。

寒い日が続くけど くれぐれもご自愛くださいね。

「コタおじちゃまのママちゃま おじちゃまのお世話、任せてくださいまち!」  by ルナ
Commented by kota365 at 2016-11-29 21:06
コナンママさん♪
今日は遺影を探しにパソコンに張り付き、思い出に浸っていました。あ〜こんなとこに行ったっけ、この時はこうだったな〜とか、鮮明に覚えているものだね。自分でも驚くほど楽しく写真を見ることができました。

コタは精いっぱい生き抜いたと思うの。だから私も後悔ばかりじゃなく前を向かなくちゃね。

ん?こじゅうのお腹あたりにファスナーがあるかも???(笑)
Commented by kota365 at 2016-11-29 21:16
るなわんわんさん♪
コタと私は、るなわんわんさんはじめたくさんの方に支えられていたんだなぁと思う毎日です。
私は泣きたくなると骨壷を抱えてしまいます。コタは抱っこがきらいだったから、いまはどんなに抱っこしても大丈夫だし(笑)そんなことができる自分にもびっくりでしたが…

ルナちゃん、おじちゃまはちゃんとご挨拶できた?
四十九日過ぎたら、またルナちゃんのところにお世話になると思うのでよろしくね♡
Commented by さほっち。 at 2016-11-30 06:44 x
もう初七日でしたか…。お花、きれい~。
コタさん今頃どうしてるかな…。
たくさん食べて遊んでるかな。
いろいろ考えてしまいますね。
さく姉は身体、大丈夫ですか。
無理しないでゆっくりゆっくり回復してね。
Commented by kota365 at 2016-12-02 10:32
さほっち。ちゃん♪
さほちゃんからいただいたお花もまだまだきれいに咲いてます。ありがとう♡
コタが突然いなくなってしまったことが受け止めきれないのか、空にいるとは全然思えなくて…たくさん食べて元気にボール遊びしてるといいな。

体重が3キロ減っちゃった…少しづつ元気になるね。
<< コタさんの思い出巡り① | ページトップ | コタさんの旅立ち >>