Top
11月22日 今日のコタさん
今朝の地震は久しぶりに強く長い地震でした。
震災後は震度1の地震にもビビっていたコタ、いまは緊急地震速報の音にも揺れにも反応しません。それはそれで助かるけどさみしい気もします。

ここからは長文、備忘録です。
読み流して下さい。

昨日の晩、様子がおかしくて。
どんなふうに?と言われるとうまく表現できないんだけど。
ツンデレのコタが私のストーカーになって家の中をずっと付いて回る。私の横にぴったり座って離れない。いつもなら寝る時間なのに落ち着かずに何度も寝室から出てくる。
お腹を壊したのでご飯がちょっぴりでお腹が空いたのかと思い豆乳ビスケットをあげると、もっともっとと催促。

寝てる時も体は小刻みに震えてて。昨晩は一度も水を飲みに起きずに朝まで就寝。

今朝、夫との散歩では歩きたがらず早々に帰宅。
朝ご飯は食べず、豆乳ビスケットと、さつまいもをペースト状にしてりんごジュースを加えお団子にしたものを少しだけ食べる。
水もあまり飲まない。

11時過ぎにお散歩に連れ出してみる。
玄関先で背中がせむしのようになって、これはまずいかもと思ったけど階段を元気に降りたので家の周りを少しだけ散歩しようと出かける。
2軒先のお宅の前で、ふらつきはじめたのですぐに引き返そうと思ったら「ふぅんふぅん」と言いながら倒れてしまった。しかもかわいそうにフラワーボックスの角に頭をぶつけて。
胸に手を当てて「大丈夫、大丈夫だからね」と声を掛け続けてどのくらい経っただろう「こたろう?」と声をかけたら目がしっかり動いたので少し体を起こしてあげたら自分で立って歩こうとした。そこから抱っこして家に戻り庭でおしっこをすると、まっすぐ布団に入って寝てしまった。
(最近はコタの調子の悪いときは少しでも快適に過ごせるように、和室の私の布団を敷きっぱなしにしています。コタはお布団大好きなので)

お昼頃に「おやつ食べるよ〜」と声をかけたら布団から出てきて、豆乳ビスケットを一個食べたところでまた倒れ、ベッドに連れて行ったら布団がいいと出てきたところでまた倒れ。どうやら歩くことが難しくなっているみたいだった。
その後も水を飲みに行こうとしてふらついて倒れ、何度もそんな繰り返しで、立つことさえ難しくなっていた。
そんな時、横たわっていたコタが首を捻りながら甲高い声で「ワンワンワン」と叫んだ。それは悲痛な声で…その後も水を飲みに行こうとして倒れる。それでも倒れたまま何もできず様子を見るしかなかった。

午後イチで病院へ。
診察時間20分前に着いて駐車場で待っていると、ワンワンとまた大きな悲鳴をあげてぐったりしてしまった。あわててコタを待合室に連れていくと看護師さんが気づいてくれてすぐに診ていただいた。
内臓に多量の出血があり、意識レベルも低下、歯茎も白い。このままでは危ないので入院して点滴等の治療を行うことになった。ここにきて内腔内出血…いよいよ血管肉腫との戦いなのか…

この時点では明日あたり退院できるのではないかと思っていた。
体重 11.60キロ

*************

追記
コタと過ごした最後の夜のことで思い出したことを。
薬のせいでトイレは頻繁になっていたけど、30分に一回くらい外に出たそうなそぶりをみせるので何回も庭に出しました。(お腹も壊していたのでそれも気になって)
その時に…いちご畑のあたりから道路方向をじっと見つめてて、誰かいるのかと思ったけどそうでもなくて。それが3回くらいあったのです。じっと見つめる向こうにはお迎えの誰かでもいたのかもしれないと今になって思います。

その晩、夫は飲み会でコタとふたりっきりだったんだけど。
家の中では、洗面所でドライヤーをかける私を少し離れた階段下に伏せて待っていたり。
ソファで寝そべっていた私の手をペロペロしたり。これってコタにはあり得ない行動。
そして布団で寝てもすぐにリビングに出てきてしまう。
久しぶりに「ウィーブ」と「8の字」をやってみたら完璧。もちろん「お手」も完璧。
ただお腹が空いておやつ欲しさにがんばっているのかと思ったのだけど、夜中におやつを欲しがることなんてなかったし…
やっぱり一緒にいたかったのかな。
様子がおかしかったからいっぱい撫でてもあげた。ああ、いま思うとあれがコタからの贈りものだったんだね…そこまで気づけなかった…










[PR]
Top▲ | by kota365 | 2016-11-22 17:25 | Comments(0)
<< 11月22日 今日のコタさん | ページトップ | 11月20日 今日のコタさん >>